Dead by Daylight(DBD攻略)アプデで「サボタージュ」が強すぎる!?変更点なども徹底解説!

ゲーム

Dead by Daylight ver.3.6.0でのアップデートで大幅な変更が予定されています。

その中でも破壊工作については大幅な変更があり、破壊工作パークであるサボタージュの効果にも変更が加えられたので、破壊工作の仕様変更の内容と共に徹底解説していきます。

破壊工作関連の仕様変更

  • トラッパーのトラバサミ(罠)は工具箱やサボタージュを使ったとしても破壊不可能になった
  • 肉フックの破壊工作に出現していたスキルチェックが削除された
  • 破壊工作が進行中のフックに生存者を吊れなくなった
  • 破壊工作は数秒(10秒未満)で完了するようになった(最速構成はサボタージュよりも少し早く破壊できます)
  • 破壊工作中に作業を中断すると進行度がリセットされるようになった
  • 破壊されたフックの復活時間が大幅に短縮、30秒で復活するようになった
  • 障害物が無ければ360度どの角度からもフックを破壊できるようになった

全体としては、

トラッパーが罠を破壊されなくなったことにより強化され、

フックの破壊活動が早く行えることでキラーがキツくなりました…

旧サボタージュと新サボタージュの効果

旧サボタージュ(変更前)
工具箱を使わなくても、通常の50%の速度で破壊工作ができるようになる。破壊工作を行うフックと罠は、追加でさらに30秒壊れたままになる。
新サボタージュ(変更後)
潜在的なオーラ可視能力を解放する。
・生存者が運ばれている場合、担がれた場所から半径56メートル内にあるフックのオーラが視える。
工具箱を使わなくてもフックを破壊できるようになる。
工具箱を使わずにフックを破壊するための所要時間は2.5秒
・破壊工作には60秒のクールダウンがある

新サボタージュの詳細と評価はこちら!

新サボタージュの強み

可視能力を手に入れた

今までなかった効果を新たに手に入れたことで、サボタージュの可能性が広がりました。キラーが他の生存者を担ぎ上げた場所から近いフックが視えるようになるのでキラーの向かっているフックへ先回り出来れば吊り妨害が可能です。

キラーへのより直接的な妨害へ

フックを破壊するのに2.5秒しかかからない為、キラーの目の前でフックを破壊し直接吊るのを妨害することができるようになります。今までは立ち回りづらくさせると言った立ち回りが更に直接的な妨害ができるようになりました。

妨害に時間がかからない

https://youtu.be/RRQ0TfTD6Rk

今までは予めフック破壊工作のゲージをギリギリ止めて、キラーが吊ろうとする直前に破壊工作を完了させて妨害するというスタイルでした。(仮に寸止め方式と呼びます)それが今後は予めの準備なしにフックを壊し、妨害できてしまいます。空いた時間を発電機修理に使えてしまいますね。

フック破壊にかかる時間が2.5秒と短いとは言え、従来の寸止め方式と比べると遅いと思うかもしれませんが、忘れてはならない新仕様があります。それは破壊工作中のフックにキラーは生存者を吊ることが出来ない、そして360度どの角度からもフックを破壊できるということです

この2つの新仕様が合わさると、キラーは生存者を吊るために破壊活動をしている生存者を退けなければならなくなります。しかし、360度どの方向からも破壊工作を実行できるので、例え攻撃されて破壊工作に失敗してもかなりの時間稼ぎができます。

サボタージュが強すぎる:新環境への影響

強すぎるサボタージュによって以下のことが予想されます。

フック破壊構成の横行

サボタージュ+工具箱でフックをとにかく破壊する立ち回りが流行る可能性があると考えています。工具箱によってサボタージュの弱点である、60秒のクールダウンがほぼなかったことにできます。少なくともアップデート直後は多くなると予想されます。

キラーパーク「鋼の握力」使用率上昇

サボタージュだけでなく、工具箱でも最速約2秒でフックを破壊できるようになったため、生存者が抜け出すまでの時間が12%増える「鋼の握力」を構成するキラーが増加することが予想されます。

まとめ

破壊工作の仕様変更と相まって、「サボタージュ」が大幅強化。

「破滅」弱体化に続きキラーの立場は厳しくなる一方…

少しはキラーのことも考えてあげて!と運営に物申したいところです。

こちらの記事ではサボタージュの最新評価おすすめ構成を紹介しているので良かったら見ていってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました